比治山公園に行ってみた(2)放射線影響研究所

比治山公園広島市現代美術館に行った後、ついでなので同じ公園内にある放射線影響研究所も見てきた。放射線影響研究所比治山公園の頂上付近にある日米共同の研究所だ。祖母がかつてこの場所で働いていたという話もあり、興味を持って行ってみた。

kyo-nikki.hatenablog.com

放射線影響研究所

放射線影響研究所は原爆投下後にアメリカが作った原爆傷害調査委員会(ABCC)が前身の研究所である。1975年に日米共同運営に再編されて、現在の放射線影響研究所になっている。

近くに赤と白の電波塔が立っているので、それを目指して美術館から歩いていった。山の中なのでそこらじゅうからセミが鳴いていてうるさい。道は木陰になっているが、それでも8月の広島は暑い。汗を流しながら坂道を登っていき、放射線影響研究所までたどり着いた。

裏手から回ったので、看板などに遭遇することなくいきなり独特な形状の屋舎が目の前に現れる。

放射線影響研究所のかまぼこ型の建物

正面に回ると放射線影響研究所の看板が見つかる。日曜日ということで人はいない。駐車場を見ると役職者用の駐車スペースが並んである。平日だと所長や理事長といった人々が車で来て、ここに車を止めているのだろういう生活感が垣間見える。

放射線影響研究所(正面)

放射線影響研究所の看板

電波塔の存在感が強いが、電波塔自体は放射線影響研究所の設備ではなく、FM放送の送信のための設備である。しかしこの電波塔と独特な形状の屋舎のせいで、映画やドラマに出てくる秘密の研究所のようにも見える。

祖母と放射線影響研究所

原爆投下当時、私の祖母は広島駅辺りにいたらしく、電車に乗り遅れたおかげで助かったという話を聞いている。広島駅というと爆心地から2キロほどしか離れていない。生き残ったのは運が良かった。

そして戦後、その祖母はこの場所で働いていたということを両親から聞いた。この場所で働いていたのは子供が生まれる前とのことなので、1940年代後半か1950年代のはずだ。ということは放射線影響研究所ではなく前身のABCCで働いていたということだろうか。原爆投下からそれほど年月も経っていないなか、大勢の被爆者が出入りするABCCで働くというのは、どういう心情だったのか想像することも難しい。

陸軍墓地とフランス兵士の墓

放射線影響研究所の横には陸軍墓地がある。放射線影響研究所がある場所一帯はもともと陸軍墓地だったとのことだ。西南戦争からある墓地だが、戦後にABCCが比治山に作られたこともあり、現在は放射線影響研究所の近くの一角に縮小されている。

比治山陸軍墓地の入口あたり

陸軍墓地の奥に、フランス兵士の墓がある。義和団事件のときに死亡した兵士とのことだ。歴史を感じる。義和団事件で怪我をした兵士120名余が広島に搬送され、陸軍病院で治療されたが、そのうち7名が広島で死亡して、ここに埋葬された。

まとめ

原爆ドームと同様にこの場所も広島に原爆が落とされたという証拠の一つなので、原爆ドーム平和公園などの観光が終わって、時間がありあまった人は広島市現代美術館とともに訪れてみるのもおすすめです。

また、標高の高いところを目指すのはゼルダの伝説BotWでおすすめのテクニックですが、現実世界でも高いところに登ってみると、放射線影響研究所のようなものと出会えるかもしれません。高いところを目指すのもおすすめです。

参考

比治山公園に行ってみた(1)広島市現代美術館

比治山は広島駅から直線距離で2km、広島の繁華街である流川からも1.5kmほどの、広島市内にある小さい山だ。

広島市は三角州の上にできた街だが、その平らな三角州のなかにぽつんと比治山がある。どうやってできたのか不思議でたまらないが、とにかくそこに山がある。

比治山には比治山公園という公園がある。公園というよりも適度に整えられた山のなかに美術館や図書館などの施設があるというほうが印象に近い。

広島市現代美術館の建築

広島市現代美術館はその比治山公園のなかにある美術館だ。今年の3月にリニューアルが完了したようで、ちょうどいい機会だと思い、初めて行ってみた。

広島市現代美術館

広島市現代美術館の建築は、正面が視力検査の記号のような、C字型の独特な形になっている。円や長方形などの幾何学的な形が組み合わさった建物で、モダンな印象を受ける。

蝉の鳴き声が響く比治山の坂道を登っていくと、このようなモダンで無機質的な建物が突然出てきて、打ち捨てられた宇宙船を偶然見つけてしまったような気分になって気持ちが高まる。

美術館のなかにはリニューアルマップという印刷物があり、どこをどう修繕したのか見て回れるようになっていた。新旧の壁が入り混じって色が違うところなどを見つけるというような楽しみ方ができる。

リニューアルとデザイン

リニューアルの一貫として、ピクトグラムタイポグラフィのデザインも一新されたらしく、建築物以外のデザインにも目に留まった。

トイレのピクトグラムは主張が強く、賛否が分かれそうだ。

トイレのピクトグラム

ピクトグラムを構成する図形は広島市現代美術館の建築がモチーフらしい。

ピクトグラム

「新生タイポプロジェクト」という、広島の街中の看板などの文字を、美術館の案内板などのデザインに使うプロジェクトがあった。タイポグラフィが好きなので、こういうのは好き。

新生タイポプロジェクト

バレーボールなどのスポーツ用品で有名なモルテンの「モ」が置かれていた。

モルテンの「モ」

モルテンのデザインは「キッズスペース」に受け継がれていた。

モルテン風の「キッズスペース」

展示

建築やデザインだけではなく、もちろん展示も見てきた。

屋外に設置してあるボテロの「小さな鳥」は可愛くて印象に残っている。

小さな鳥

名前に反して小さくはない。

小さな鳥(後ろから)

後ろから見てもかわいい。

どれが一番印象に残ったかというと、丸木位里丸木俊の「原爆の図」だ。8月の広島で、見ているからかもしれないが、生々しい恐ろしさがあった。

まとめ

美術に興味のある人はもちろん、建築に興味のある人、デザインに興味のある人にも楽しめる美術館だったので、広島市現代美術館おすすめです。

関西電力のなっトクでんきをやめて従量電灯Aにした

電力会社は関西電力を契約しているのだが、電気代が「なっトクでんき」という新しいプランだと逆に高いということに気がついたので、旧来の従量電灯Aに変更した。燃料費調整額が高いから変更したのだが、7月は燃料費調整額がマイナスだった。変更しないほうがよかったのだろうか。

kyo-nikki.hatenablog.com

なぜ「なっトクでんき」のほうが高かったのかというと、「なっトクでんき」には燃料費調整額の上限がないため燃料費が高騰すると料金が高くなってしまうのだった。従量電灯Aには燃料費調整額の上限があるので、本来お得なはずの「なっトクでんき」のほうが逆に高いということが起きていた。

電気使用量が増える夏までには従量電灯Aに変更しようと思い、春頃に従量電灯Aに変更していた。プランの変更はwebのチャットから申し込みできて便利だった。

kepco.jp

7月になりクーラーの電気使用量も増えてきたので、電気料金がどうなっているのか確認した。そこまで高くなくて安心したのだが、燃料費調整額をみたらマイナスだった。燃料費調整額といえば冬場はかなり高くて大変だったので、マイナスになっていて驚いた。

2023年7月分の内訳(従量電灯A)燃料費調整額がマイナスになっている。

ちなみに電気使用量と請求金額は以下の通り。冬場は数万だったのでだいぶ抑えられている。

請求金額と電気使用量

国から電気料金激変緩和措置というのをしたらしいが、その影響だろうか。そうすると、もしかして「なっトクでんき」のままのほうが安かったのだろうか。今も「なっトクでんき」の人の燃料費調整額と「メリット金額」がどうなっているのか気になる。

『君たちはどう生きるか』を見てきた

平日の仕事が終わって夕食を食べた後、午後9時からの上映を見てきた。

宮崎駿は鳥が嫌いか、不気味だと思ってるんじゃないかな。俺も鳥は不気味だと常々思っている。公園にいる鳩を見ていると、何を考えているかわからなくて不安になる。勘違いかもしれないが、そういう鳥に対する嫌悪感のようなものが見えてよかった。そんな何を考えているかわからない鳥たちがベラベラと喋っている映画を見せられると、この世のものとは思えない、奇妙な感じがした。それは狙い通りなのだろう。

建物

京都市内にああいう、角が円柱になっている洋館あるよなーと思いながら見た。写真を見ると映画のように高い建物ではなかった。雰囲気というか、様式としては近いと思う。京都は戦争で焼かれてないから古い建物が多いんだろう。それを考えると、あの建物も戦争の前の時代に作られたという感じが出ていてよかった。

 

京都市内にある洋館

上映後わって後ろを振り返ると、ハンカチで涙を拭いている女性が一人いた。これで泣くのかと衝撃を受けた。『風立ちぬ』は俺も号泣した。でもこれで涙は出てこない。

これ、どの辺が「君たちはどう生きるか」なんだろう。あまりタイトルに引かれてもしょうがないかもしれないが、どちらかというと「不思議の国の直人」という感じの内容だった。

テーマが生きるとか死ぬとか、純度が高い。生まれてきて死ぬという人生の最初と最後、あるいは生前と死後という極端なところが映画になっている。こっちとしてはその中間の色々ごちゃごちゃしているところをどう生きるかに関心があるのだけど、そこは映画では描かれない。

主人公はその後の人生を生きると思うけど、そこははっきりとしたものは何も描かれていない。もしかしたらヒントが描かれていたかもしれない。宮崎駿の監督の映画だから、さらっと見ただけでは拾いきれていない情報だらけだろう。まあそれにしても普通に見たら何も描かれてないので、「どう生きたらいいんだ」という意気込みで見たら拍子抜けするかもしれない。

この映画が万人におすすめできるかというと微妙だけど、そんなに期待せずに見るならおすすめです。

『成瀬は天下を取りにいく』という小説を読んだ

『成瀬は天下を取りにいく』という小説を読んだ。

成瀬あかりという滋賀県大津市に住む少女を中心とした6つの短編/章からなる本だ。クスリと笑える軽やかな文章になっており、楽しんで読むことができた。

滋賀について

滋賀の立ち位置というのは、関西以外の人間には分かりづらいかもしれない。私も京都に住むまでは、滋賀が関西地方でどういうポジションなのかというのは知らなかった。

まず京都と滋賀がめちゃくちゃ近いということを知らない。京都駅から大津駅まで10kmくらいしか離れていない。横浜駅から川崎駅ぐらいの距離だ。

当然古都であり京阪神の一角をなす京都よりも滋賀のネームバリューは劣っている。しかし京都市よりも大津市草津市の方が、暮らしやすいという話も聞く。京都市は財政難だったり、観光客で溢れていたりと、問題が山積みなのでそれはそうなのだろう。

このように滋賀についての解像度が以前よりも高くなっているおかげで、この本を楽しむことができた。

ありがとう西武大津店

「ありがとう西武大津店」という短編からこの本は始まる。

西武大津店は2020年に閉店したらしい。大津に西武があることすら知らなかった。世間がコロナで騒いでいる間に、こういう出来事があったらしい。

私の出身地である広島県呉市にはかつて「呉そごう」という百貨店があった。

Wikipediaを調べると「そごう呉店」となっている。調べてみると2002年に色々あって「そごう呉店」という名称に変わったらしい。そしてさらに色々あって、2013年に閉店したとのことだ。

呉そごうは物心がついた頃にはすでに存在していたので、古くからあるのかと思っていたが、調べてみると1990年に開店したらしい。西武大津店は1976年開店らしいので、それに比べると歴史が浅い。

個人的に特に思い入れはない。ありがとう呉そごう、とはならない。しかし西武大津店のように、呉そごうに思い入れのある人もいたかもしれない。

このように西武大津店が閉店したのはローカルな話題だが、同じような百貨店の閉店は日本中で起きている。

だからローカルな話題なのに、違う地方の人からも妙に共感を得るという小説になっているのだろう。しかしそれが、地方の嫌なところとか閉鎖的な雰囲気とかではなくて、妙に明るくて軽やかなものになっている。

それは近くに京都があって、暮らしやすく交通の便が良さそうな滋賀だからなのかなとも思った。あと琵琶湖がいいのかもしれない。山に囲まれてるとどうしても閉鎖的で鬱屈としてしまうが、琵琶湖を見ていると爽やかな気持ちになりそう。そういう滋賀のいいところが出ている小説だと思った。気軽に読めるのでおすすめです。

滋賀県の蓬莱山から望む琵琶湖 おそらく手前は大津市で奥側が守山市草津市

24時間営業のジムに行き始めた

先月末から24時間営業のジムに行き始めた。かなりいい。

以前から他のジムに入会していたが、営業時間が生活リズムに合わなくて全然行けてなかった。月に1回行くか行かないかという頻度で、全く行ってないのに会費を払い続けている状況だった。営業時間は平日22時休日18時までで、夜型の人間にはなかなか通いづらかった。

そんな折に、近所を歩いていると24時間営業のジムができているのを見つけた。月額の会費は少し高いけど、行かないジムに金を払うより行けるジムに金を払うほうがいいだろうと思い、24時間営業のジムに乗り換えてみた。場所が近くなったこと、夜も営業していることに加えて、土足で入れることもあり、かなり通いやすくなった。

今週はほぼ毎日、仕事が終わって夕食を食べた後にジムに行った。ランニングマシンで走って体を温めて、マシンで筋トレをする。慢性的な運動不足なので汗を流すと気持ちいい。日中はエアコンの効いた室内でパソコンを触って仕事しているので、仕事の後にジムに行くことに体力的な問題はない。それどころか、体を動かしたほうが元気になる。

筋トレメインを想定していたけど、思いのほかランニングマシンが気に入った。iPadをランニングマシンの前において、走りながらCourseraなどの動画を見ている。こういう動画は家で見ていると気が散ってしまうから、軽い運動をしているくらいが集中して見れていいと気がついた。集中して動画を見るためにジムに行ってもいいくらいだ。

家だとベッドに寝転んだままアームに取り付けたiPadで動画を見ているのでえらい違いだ。

Udemy、欺瞞的な価格設定行為に対して400万ドルの和解金を支払うことに同意 だって

The Report by ClassCentralによると、「Udemyは欺瞞的な価格設定行為に対して400万ドルの和解金を支払うことに同意(Udemy Agrees to Pay $4 Million Settlement Over Deceptive Pricing Practices)」ということがあったらしい。カリフォルニアで集団訴訟されて、それで和解金を払うことみたいだ。

If a sale is permanent, is it really a sale? Udemy settles class action lawsuit related to its discount strategy. (セールが永続的である場合、それは本当にセールですか? Udemy、割引戦略に関連した集団訴訟で和解。) https://www.classcentral.com/report/udemy-settles-class-action/

今 Umedy のサイトを見てみると、相変わらず「 ¥2,400 ¥27,800 」と表示が目に入った。

2023年7月3日現在の日本語サイトのトップページの様子

https://www.udemy.com

こういうのって、日本でも消費者庁に注意されたりしないのだろうか。二重価格表示というやつでは?

二重価格表示 | 消費者庁